戦国布武 おすすめ物理攻撃武将

スポンサーリンク

どうもぷれです。

今回は個人的におすすめな物理攻撃武将を紹介したいと思います。

各レア度別に3武将ずつ紹介します。

橙武将

豊臣秀吉

素の攻撃力も高く、さらにスキルにより2回攻撃できるためかなりの火力が出る。

連携スキルも火力アップのものも多く優秀。

兵種は薙刀かくのいちが多くどちらを使うかは好み。薙刀にすれば汎用性が増し、くのいちにすれば特定の兵種に特化できる。

前田利家

スキルがシンプルで使い勝手がよい。 荊棘も意外と痛い。

天賦も火力上昇系でそろっている点も良い。

上記の秀吉とも連携があり、さらに火力が上がる。

兵種は弓騎兵がおおいイメージだが与一隊もあり。

本多忠勝

トップクラスの物理攻撃力に加え、軽いスキルも魅力。

徳川家康を前に、後列に本多忠勝を配置し連携+家康のスキルで火力アップが見込める。

兵種は赤備か内藤が多いのではないか。赤備は与ダメが減るが防御無視となるため、後半になるにつれ効果が高くなる。

紫武将

加藤清正

火力もさることながら貴重な動揺スキルをもち、連携も優秀。

兵種は九鬼水軍か立花隊だが、個人的には立花隊がいいのではと思う。

厄介な潰滅と毒泉が効かないのはかなりの強み。

小六と連携すれば前列にも出れなくはないので編成の自由度が増す。

北条綱成

不屈というおもしろいスキルを持っている上に、風魔衆による回復力が魅力。

風魔衆は攻城に向いており、相手の城レベルが低ければ受けるダメージ以上に回復できるので、安全に空城を攻められる。

ただ単体で活躍するというよりかは同じ北条家の連携が必要となる。

兵種は風魔衆一択

稲葉一鉄

以外かもしれないが、天賦は火力に特化しており、使い勝手が良い。

縦列に180%となかなかの高火力なうえに斬込隊という面白い兵種が使用できる。

斎藤道三との連携でダメージが上がるので道三と同じ列に組んで確実に目の前の敵を倒していける。

兵種は斬込隊がよいかと思う。

青武将

兼平綱則

このブログ内でもたびたび取り上げられており、なかなか優秀。

スキルの火力も申し分がないし、兵種の四方竹弓手のおかげで歩兵に対してはめっぽう強い。

NPCは基本歩兵なので対NPCに活躍する。

兵種は四方竹弓手がいい。

福島正則

スキルターンが重いが高火力。そのため激励持ちと組み合わせて運用するのがよい。

物理アタッカーのわりに天賦が壁役なのは気になる。

兵種もいまいちなので足軽歩兵のままでいいのではないかとおもう。バフを付与していくなら別。

鳥居元忠

デメリットがあるものの高火力。スキルターンが1ターンなので激励を付与すればスキルを連発できる。

デメリットがあるため、回復役が必須。

兵種は内藤隊一択。これでさらに火力に磨きがかかる。

緑武将

鵜殿長照

敵単体を確実に倒しに行くスキルが魅力。

連携により前衛もこなせるため編成の自由度が増す。

序盤の内は物理アタッカーのレギュラーとして活躍できる。

朝比奈泰能

上記の鵜殿と連携がある。

スキルターンが重いものの、天賦もよく十分使える武将。

鵜殿との連携は必ず発動させておきたい。

真田信

物理アタッカーとして優秀というよりかはスキルが優秀。

ただ天賦は物理アタッカー向きなものがそろっており、通常攻撃でも十分活躍が見込める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました