SBI証券より「かんたん積み立てアプリ」がリリースされるそうです

株式
スポンサーリンク

どうもぷれです。

タイトルにもあるように私も米国株の買い付けで利用しているSBI証券様より投資信託を手軽に始められる「かんたん積み立てアプリ」なるものが近日リリース予定(4/21予定)だそうです。リリースされた際は実際に使用した画面等を追記として載せたいと思いますが、今回はSBI証券の説明をみた感想を書いていきます。

では早速その中身を見ていきましょう。

と、そのまえにそもそも投資信託ってなに?って方はこちらをどうぞ←執筆中
簡単にいうと投資のプロ・専門家達が「こうした運用をします!」という商品にお金を出資するということ。自分で投資を行う手間や、リスクを分散できる効果があります。

「かんたん積み立てアプリ」の売り(?)は以下の3つかと思います。SBI証券のHPより

まず【ファンドの損益や残高推移が見られる】という点。

投資信託は短期的に儲けを出すというよりかは、中・長期的に運用することで真価を発揮るすることが多い商品です。中・長期的に運用していく際に必要となるのはなにか?そうモチベーションです。

自分がそうなのですが、三日坊主になりがちです。でも私は米国株に長期投資しようとしています。三日坊主の私ですが、すでに半年以上(まだ半年程度)続いています。というのも資産をエクセルで管理しており、増えていくのをグラフで眺めてニヤニヤしているからなのです!!

とまあ、何を言いたいかというと、長く続けていくにはモチベーションを維持するための楽しみが必要だということ。当然投資信託を提供している証券会社のHPなどでは、トータルリターンとしてグラフを見ることができるものが多いです。しかし、毎日パソコンを開いてわざわざそのページを見るという手間は三日坊主の私には無理です(毎日エクセル見取るやないかい)。

その点スマホのしかもホーム画面!おそらく、おそらくですがアプリを起動した最初の画面で損益がグラフで見える。なんとお手軽なのでしょうか!これで簡単にニヤニヤできる!素晴らしいです。

そして【初心者でも始められる「積立スタイル診断」】

初めて投資信託を始められる方にとってはどの投資信託を選んでいいかわからないはずです。

それもそのはず、SBI証券では現在(4/20時点)で2710本もの投資信託が存在しているからです。そのなかから好きなの選んでいいよ~といわれすぐに選べる人は少ないはずです。そこで役立つのがこの診断!まだ紹介資料からしか情報は読み取れませんが、1分ほどの質問に答えるだけで、5つのパターンに分類してくれるみたいです。そのパターンに応じて理想のポートフォリオの提案を行ってくれます。

さらに資料の中で個人的に気になったのは、おすすめの組み合わせを選ぶ際に費用が安いor運用実績がよいのどちらかを選べるところ。投資信託は信託報酬という費用(プロに任せる代わりの手数料的なもの)が年間わずかながらかかります。といっても5%とか10%とかのレベルではなく、年間0.〇%とかのくらいなので大して気にするほどではないのですが、塵も積もれば山となるといいます通り、この信託報酬は長期になればなるほど運用成績に影響があります。そのため私自身はなるべく信託報酬が安いということを第一条件に投資信託を探します。(以前銀行の人が来ておすすめしていった投資信託の報酬が1.6%でした。それよりも0.6%とかの商品の方が成績がよかったのを思い出しました。余談でした)

運用実績はあくまで今まで実績であってこれからの実績ではありません。運用実績がいいからと高い信託報酬を払っても今後もこれまで通りのパフォーマンスを見せてくるとは限りません。その点信託報酬は下がることはあっても上がることはほとんどないです。わずかな差でも安い似たような商品にお客が流れていくからです。日本の投資信託の信託報酬はいまだ高いほうです。米国のETFなどは0.0〇%とかがざらにある世界です。それにつられ日本もさがっていくのではないかと思います。そのため運用実績も大事ですが、費用にも目を向けてほしいです。話が少しそれましたが、おすすめのなかでもさらに自分で好みに応じて提案を変えてくれるのは良いですね。

最後に【WEBサイトで設定した投資信託も一元管理】

私自身SBI証券では投資信託を買っていませんので恩恵を受けることはないですが、パソコンはパソコンの、スマホはスマホと別々の運用設定や同じ設定を二度繰り返すのは面倒なので。一元管理できるのは良いと思います。できればスマホアプリで米国株を管理できるようにしてほしいですSBI証券さん。お願いします、まじで。

とまあ、ほかにもいろいろできそうですが、大まかなところはこんな感じかな?

あとはリリース後に実際に資金をいれて試してみます(といってもそんなに回すお金ないので500円とかかな(笑))。その詳細も記事にしていきたいと思いますので興味がある方はぜひ。

ではでは

SBI証券の当該ページ→こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました