SBI証券よりリリースされた「かんたん積み立てアプリ」使ってみた

株式
スポンサーリンク

どうもぷれです。

4/21リリースされましたSBI証券の「かんたん積立アプリ」。今回は実際に使用してみた内容とアプリの使用方法をご紹介していきます。

私のスマホはAndroidですのでIPhoneの画面とは違うかもしれませんが悪しからず。

では早速GooglePlayからダウンロードします。

インストールを押してインストールされるのを待ちます。容量は約10MBでしたのですぐに終わりました。

さてインストール後起動します。

このように画面読み込み後以下のように診断が始まります。ちなみに電波状況が悪いところでやった為かなかなか読み込みが終わりませんでした。画像の時間を見てわかる通り10分近く・・・環境なのかアプリ自体なのか分かりませんがおそらく前者です。

早速診断を始めましょう!

と、その前に注意事項を確認し納得した上で同意しましょう。

まずQ1. 年齢を聞いてきます。サバ読まず素直に答えましょう。私の場合は今現在25歳ですので25と入力しました。

Q2 運用の目的を聞かれますので、選択しましょう。

わたしはとりあえず始めたいを選択しました。

Q3 運用のイメージを聞いてきます。私は増やしたいを選択しました。これはご自身のイメージにあった物を選択しましょう。三択のわりに増やしたいの振れ幅が急に大きくなりすぎな気もしますが・・・

Q4 毎月いくら積み立てるのか。そしてそれを何年続けるのか聞いてきます。今回は適当に毎月500円を5年積み立てるという設定にしました。この積立金額だと増えても近場の温泉旅行くらいしか行けないですね。積立NISAにも対応しているとのことですので、利用されていて余裕のある方は毎月33333円が40万を丁度使い切る(399996円)なのでその金額を運用してみるの良いかもしれません。

Q5 間違えてスクショを取るのを忘れましたが、ここでは毎月の収入について聞いてきます。私の場合は14万と入力しました。

たった5つの質問で終了です。確かに1分程度で終了しました。

結果は以下の通り

500円だとポートフォリオもくそもないですね。

やや積極派の私に勧めてきてたのは費用では三菱UFJのeMAXISSlimバランス(8資産均等型)と運用実績では同じく三菱UFJのeMASXIS最適化バランス(マイミッドフィルダー)でした。

試しにいくらまで積み立てるとポートフォリオっぽくなるのか試してみました。

結果は以下の通り

毎月2000円積み立てることでやっと分散されたポートフォリオになりました。

内容を見るとやや積極派のわりに債券の比率が高いようながします。個人的には国際株式と国際債券が逆の比率でもいいかと思うのですが。そうすると株式全体でちょうど5割になるし。REITは良いくらいかもしれませんね。

そして現実的な金額として1万円でも試してみました。その結果がこちら

金額が変わってもポートフォリオの構成は変わりませんでした。しかし、運用実績と費用では進めてくるものががらりと変わりました。かぶっているものは一つもありません。

費用が安い方を見てみると6本中3本がeMAXISSlim、2本がりそなAM-Smart-iでした。

三菱UFJのeMAXISシリーズは投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018で21ファンド中7本受賞するなど人気な商品です。とはいっても今回勧めてきたものの中には残念ながら受賞した商品はありません。ちなみに500円のときに勧めてきたeMAXISSlimバランス(8資産均等型)が5位に入っています。

eMAXISSlimはとことんコストを追求した投資信託で、そのコストは業界最低水準(誉め言葉)の0.1%台!!eMAXISシリーズさえ選んどけば間違いないといわれるくらい純資産額も大きく安心できる商品です。

りそなAMは初めて聞いたので調べてみると、比較的最近できた商品みたいですが、他のREIT商品に比べ0.1%近く安くJリートで0.1836%、先進国リートで0.216%とかなり安いです。ほんとに費用が安い順でえらんでるんだと思います。

運用成績の方はあまり聞きなじみのない商品が多いです。

費用と同じリートで見ると国内リートの野村インデックスファンドは直近1年の騰落率が17%、3年で見ても12%かなり成績が良さそうです。とはいえ、信託報酬が0.432%と高いうえに純資産額もそれほど大きくありません。

海外リートはというとSBI-EXEということでこちらもあまり聞かないです。とはいえここ数年の騰落率は10数%とかなり調子が良さそうです。こちらも信託報酬が0.334%と高いです。純資産額も大きくありません。

ここまで素人が簡単に見た感想は率直に極端じゃね?って感じです。とはいえ投資信託に関して(そのほかもですが)素人に毛が生えた程度の私が見るからそう思うだけなのでしょうか?プロが見たらなるほど、よく考えられている!となるのでしょうか。今後様々なブログで(すでに?)取り上げられて評価されていくでしょうが、私個人としてはいまいちかな~という感じです。とはいえ、手軽に始められるところにメリットがあり、やっていくうちにこっちのほうがいいとか、これはいらないとか判断していくことになると思うので、さわりとしては十分だとは思います。

深い考察ではないですが参考になれば幸いです。

ではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました