戦国布武 おすすめ青武将 足軽大将~侍大将

スポンサーリンク

どうもぷれです。

侍大将も後半になってくると緑武将だけではきつくなるかもしれません。

そのような場合は緑武将の編成に少し手を加えるといいです。
具体的には青・紫武将に置き換えていくといった方法が考えられるかと思います。

手持ち次第では紫を★1ほどに進化させて使うのもいいかと思いますが、まだそろっていない場合は青武将をお勧めします。

というわけで、おすすめの青武将を紹介していきます。

おすすめ武将

筒井順慶

単純に回復量がかなり高いです。敵前列のデバフを消すというデメリットがありますが、そこまでのデメリットではありませんので気にしなくてもいいと思います。

連携として鈴木重朝と組み合わせるのもいいと思います。
鈴木重朝は後列に対して高火力+混乱を与えられます。後列は基本的に耐久に自身のない武将が多いのでかなりの脅威になるはずです。

配置:前・後列

ガチャ:東・畿

南光坊天海

こちらも回復武将ですが、後列に対しての回復を行う武将になります。回復だけでなく、さらに後列に対して計略小アップのバフを付与できます。後列にいる秀頼・利常の火力をあげつつ延命ができ、優秀です。前列に配置できる点も評価できます。

配置:前列後列

ガチャ:東・畿

福島正則

スキルターンが3ターンと長いものの縦列に225%という高火力の物理攻撃を行います。進化をさせていかないと耐久面が弱いので後列に置いた方がいいです。

配置:後列

ガチャ:東・畿

富田重政

単体ではそこまで強くはありませんが、前田利常との連携があり、火力要因としての期待が持てます。とりわけ利常はスキルターン1とは思えないほどの火力スキルのため、火力の底上げができるのはかなりの利点です。耐久面が弱いので後列に配置しましょう。

配置:後列

ガチャ:奥・関・甲

馬場信房

内藤との連携スキルにより物理耐久がかなり高くなります。とはいえスキルが微妙な点と京極や氏家の耐久はかなり優れているので優先度はそこまで高くはないです。2軍目を作成する際などの壁役として使うのがいいかもしれません。

配置:前列

ガチャ:奥・関・甲

まとめ

後列にいる秀頼・利常がかなり優秀なのでできれば残しておきたいところです。

ですので、考えられる編成としては

前列:京極・南光坊・真田

後列:秀頼・利常・筒井(富田)

としてみるのがいいかもしれません。前後列ともに回復できるので、よほどの火力で押されるか、毒泉武将がいなければ勝てるのではないかと思います。城に対しての火力が乏しいので対人やNPCといった武将同士の戦いに向いていると思います。毒泉武将がいた場合、藤堂高虎など前列に対しての毒泉なら筒井を小早川秀秋などの後列にたいしての毒泉なら南光坊を外しましょう。

あくまで一例です。手持ちに合わせて変えたり、用途に合わせて自分なりに適宜変えてみてください。

青武将は性能的に中途半端なので、あくまでつなぎや代用的な要素として使用するのがいいと思います。侍大将クラスだと★3ほどまで進化させれば通用するとは思います。

ただできるだけ武魂をためて将来の1軍候補になるであろう紫や橙武将に使っていったほうがいいです。しかし、強化しないと勝てない、強化すると他のにまわせないといったジレンマもあり難しいところです。

今回はこの辺でではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました