戦国布武 新規追加武将 

戦国布武
スポンサーリンク

どうもぷれです。

また新たな武将が追加されましたので見ていきたいと思います。

浅野寧々

秀吉の正室。だから腰に猿をぶら下げてるのか??

スキルは新たに登場の反転。物理と計略攻撃の値を入れ替えるというちょっと変わったスキルとなっている。後列回復のデメリットがあるものの、相手の火力をがた落ちさせることができるので大きなプラスとなるのか?(どのくらいダメージが変わるのか使ったことも使われたこともないので不明。ただ、相当ダメージが減ると思う。)

天賦はがっつり前衛向き。計略防御にダメージ軽減に物理軽減に回避もち。やだ堅すぎ。兵種も重騎兵や北面の武士など軽減系の兵種なので相当堅いと思う。

連携がないのは秀吉とか前田まつ(仲が良かったらしい)がすでにたくさん連携持っているからか?

序盤では使いにくそうだが後半になるにつれ使えるようになるのではないかと思う。

百地三太夫

服部半蔵と同じ伊賀忍者とされる人物。石川五右衛門に忍術を教えたとされる。

スキル等を踏まえても猿飛佐助の後列版といったところ。佐助は回避持ち出すので前列でも後列でも行けるが、こちらは見破りなので後列安定。

兵種には後列に高火力を与える武将にしては珍しく甲賀騎馬隊がある。後列は特殊兵種が目立つような気がするのでかなり刺さるのではないかと思う。(大筒とか陰陽師とかくのいちとか)

連携相手の春日局の激励は前列なのでちょっともったいないが、後列激励は多いので激励もちと組み合わせて重いスキルターンをカバーしてあげると良い。

序盤からでも使えなくはないが、小史後半~大史くらいから化けるのではないかと思う。

織田信秀

織田信長の親父。織田家といえば信長の印象が強いが、信秀も相当に優れた人物であったらしい。

軽いスキルターンながら、なかなかに高火力なのでダメージソースとしては優秀かもしれないが、前列に脆弱を付与するのはいただけない。

連携相手は縦列に高火力の計略攻撃が可能なおつやの方とトップクラスの壁武将斎藤道三となかなかにバランスが良い。前列安撫の武将と組んでデメリットを打ち消せば面白いのではないかと思う。前列だと細川ガラシャや大道寺政繁、紫太原がいる。スキルターンを踏まえるとガラシャはちょっときついかもしれない。

序盤から使えるとは思うが、後半でも使えるかといえば使えなさそう。

序盤なら前列:京極・真田信幸・斎藤道三(持ってれば)、後列におつやの方・大道寺政繁・信秀とかでやれそう?道三無しなら大道寺を前に後列に光姫とかにしたら面白いかも。

どんどん新しい武将が増えてうれしい反面、だんだん把握しきれなくなってきてるのでもう少しゆっくり出してほしいと思う今日この頃。

それはさておき今回はこのへんでではでは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました